双方向性の強いインターネット

インターネット上に用意されたコンテンツは、現在マルチメディア化が顕著です。かつてはテキスト主体だったネットのコンテンツも、今では動画や音楽、写真や画像が中心になりました。当然単純な文字情報よりも、写真や動画の方が情報量が豊富です。


ホームページに掲載できる容量に制限があった一昔前は、一枚の画像を掲載するだけでも、一苦労でしたが、近年では高画質な動画データをまるごとアップ出来ます。
バラエティ豊かな動画コンテンツがアップされる、いわゆる動画共有サイトが今、ネットユーザーの間で人気です。楽しい映像が見られるばかりではなく、そこにコメントが投稿出来るサイトも多いです。

他のユーザーの面白コメントを読んだり、自分なりの評価やツッコミを投稿したりと、双方向性に富んだ楽しみ方が出来ます。一昔前のインターネットと言えば受動的なメデイアでしたが、近年ではクリエーターとユーザー、あるいはユーザーとユーザー同士の交流が盛んになりました。

お手軽なIoTマンションの情報はこちらです。

全くの素人でも、ちょっと機材を用意するだけで、ネット上でクリエーターに転身出来ます。



実際に一個人が、ネット上で生放送を行ったり、ゲームの実況動画をアップして人気を集める等、面白い試みが各地で行われています。

また近年では企業や地方自治体もインターネット上でのPRに本腰を入れ始めています。



SNSやブログのアカウントを取得し、公式にネット上で広報活動を始める組織も多く現れ始めました。